So-net無料ブログ作成

低出力レーザーを頭皮に照射

低出力レーザーを頭皮に照射して、育毛効果を得るという仕組みの育毛器があります。

クリニックやサロンでは普通に使われていますが、もっと出力を小さくして、家庭でも使えるようになったレーザー育毛器も売られ、大体4~7万程で購入できるようです。低出力レーザーが頭皮に照射された時、起こることというのは、刺激で血行が促進され、毛髪に関係する細胞が活性化するという風に作用します。

この家庭用低出力レーザー育毛器は、種類も出そろってきた感があるのですが、ほとんど効果はない、ということもあるようですから、気を付けないと、後悔することになり沿うです。長時間紫外線に当たった日には、すぐに髪の毛がゴワゴワ、そんな経験ありませんか。
髪が受ける紫外線によるダメージは体の中で一番ですから、日中のお出掛けには帽子・日傘・紫外線防止スプレーで髪に当たる紫外線を減らしていきましょう。


これらの紫外線対策をおろそかにすると、強い紫外線の時期が過ぎた頃に抜け毛が増え、薄毛の原因の大きな一つとなりえます。外に出て、日差しが強いと感じたら、紫外線対策で髪を守る育毛を心がけて下さい。
おすすめの育毛剤は実際のところ効果的なのでしょうかか?人気の育毛剤には髪の毛を育てる為の成分が入っています。


その成分が体質に合ったならば、薄毛の改善に役に立つ場合もあるでしょう。ただ、ただちにに効果が実感できるものではありませんし、間違った使い方をしてしまったら効果が無いケースもあります。毎日のシャンプー、リンスなどが原因で抜け毛が増えてしまっていることもありますので、シャンプーやリンスは諦めて、湯シャンにしてみると、育毛がうまくいき初めるかも知れません。湯シャンの前には、念入りにブラッシングをしておきます。


そしてぬるま湯を使って頭全体を濡らし、流しながら洗いますが、その時決してごしごし力一杯頭皮をこすらず、お湯を流しながら、毛穴を広げるようなイメージで、汚れをおとしていくようにするのが湯シャンをする上での大切な点といっていいでしょう。



お湯だけで、ちゃんと頭の汚れがとれるのか気になりますが、お湯の洗浄力は意外と強く、皮脂の落としすぎを防ぐためにお湯の温度は、ぬるめにしておきましょう。
湯シャンの後で、リンス換りによく使われているのが、クエン酸やお酢です。これを薄めて利用することで、髪がキシキシと固い感じにならなくて済みます。
育毛グッズは数多くありますが、ピップエレキバンやピップマグネループなどの通常は凝りをほぐすことを目的とする製品を育毛のために役たてている人も、意外と多いようです。



さて、育毛にとって最重要事項といえば、何はともあれ「血行」です。



どうしてかというと、髪が受け取る栄養は、血液と共に血管内を移動して、頭皮に至るものだからです。

酸素を含んだ新鮮な血液は、当然心臓から出発して頭皮へと押し出されていくわけですが、心臓と頭皮の間に位置する、肩が首が凝っているということは、その部分がバリケード化しているようなものです。

凝りの発生はつまり、その場所で血行不良を起こしているということです。
そこで、ピップエレキバンなどで凝りを解消指せてあげると、血行を妨げるものを取り除くので、髪に必要な栄養が、頭皮までスムーズに届けられるようになると考えられています。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0